雨漏り

問題の原因を知る

シールやコーキングの亀裂から雨漏りがある

昔は雨漏りといえば天井から雨だれが落ちてくるのをバケツで受けていました。屋根の瓦がずれたりすることが原因でした。最近の屋根は瓦の重みを考えて軽い製品を使うようになっています。したがって施工がし易くなったため屋根からの雨漏りは少なくなっています。最近の雨漏りといえば壁や窓からのものが圧倒的に多くなっています。壁からの雨漏りの原因の多くは二階の出窓やバルコニーの部分に原因のある場合が多くなっています。この部分の施工では防水工事を行っていますが、この防水のシールに亀裂が入るとその部分から漏水するようになってしまいます。窓からの雨漏りの原因は窓の周りのシーリングの亀裂によるものが多くなっています。いずれも防水用の品物で劣化が原因です。

漏水を事前に防ぐ方法

雨漏りを事前に防ぐ方法としては劣化をする前に手入れをすることに尽きると言えます。壁からの漏水を防ぐためには二階のバルコニーや出窓も含めて壁の塗装を行うことです。塗装工事を行う場合にはペンキを行う前にシールやコーキングの点検を行ったうえで不具合が見つかればそれを直してから塗装工事を行わなければなりません。外壁の塗装工事は大体十年に一度やれば良いと言われています。定期的に塗装を行うことで防水剤の劣化を防ぐことが出来るのです。窓枠からの雨漏りを防ぐためにはシーリングの劣化を防ぐことが重要です。経年劣化をすることは防げませんので、窓枠については定期的にシーリング剤を塗り重ねることが重要です。雨漏りは一度染みこむと内装を取り替えなければならなくなりますので費用が掛かります。